Export機能(LUTの出力)

作成したルックや読み込んだLUTを、フォーマットを指定してLUTファイルとして書き出すことができます。


①フォーマットのカテゴリー

 ターゲットとなるフォーマットを探すために、種類ごとにページに分かれています。このタブでページを切り替えます。

②ターゲットフォーマット

 LUTを作成するフォーマットを選択してください。同じ拡張子でも、異なるアプリケーション向けに最適化したフォーマットが存在する場合があるので、なるべく一致するものを選んでください。

③ターゲット色空間の設定

 出力するターゲットの色空間を選択します。現在使用している設定と異なる設定でExportする場合には警告が出ます。(間違い防止)

 この設定が可能なのは、PresetLUT使用時またはLUT読み込み時に出力色空間を設定した場合のみです。

④Input Scaling

 HD-SDI向けのIDTがFull対応でないカメラの場合、このメニューが表示されます。

 HD-SDIと同じスケールを使用する場合は"No Scaling"、フルレンジに現像して使用する場合は"Scale to Full"を選択して下さい。

⑤出力する3DLUTの格子点数

 出力するLUTの格子点数を設定できます。現在の設定で出力可能な最大格子点数が表示されています。

⑥Export開始ボタン

 Export開始するには、"Export Complete Set" または "Export"ボタンを押します。

 "Export Complete Set"は、PresetLUTで、HSLAまたはACESproxyのグレーディングスペースを選択したときのみ利用可能です。 カメラの特性をキャンセルするInput LUTと、色調整のLMT LUT、レンダリングとモニタ設定をマージした、Output LUT, およびすべてを連結したAll LUTの4種のLUTを同時出力します。

 



Created with the Personal Edition of HelpNDoc: Easily create Web Help sites