Function Buttons

Parent Previous Next

ファンクションボタン領域

カラーコレクションの画面の最下部には使用頻度の高い機能のボタンが並んでいます。

Save to Flash

LUTBOXのフラッシュメモリに現在のLUT情報を書き込みます。電源を再投入しても現在の状態に復帰します。

Freeライセンスではこの機能は利用できません。

Keep Look New

ルックリストに現在のルック情報、LUT設定を新しいLookとしてLook Listに保存します。タイムコードを取得できる場合はLUTBOXからタイムコードを取得してルック代表名として使用します。

静止画が選択されている場合は、ルックやLUTが当たった状態のサムネール画像も一緒に保存されます。

IS-miniXを使用している場合は、自動的に1フレームがキャプチャされ、静止画およびメタデータ(対応カメラのみ)が取り込まれ、Lookとともに保存されます。


Keep Look Overwrite

現在アクティブとなっているのルックリストのアイテムに、現在のルック情報を上書きします。タイムコード、メタデータ、処理前の静止画は更新せず、色調整情報のみ更新し、新しいルックが適用されたサムネールを再生成します。

Save as wowlut

プリセットのLUTを使用している場合のみ、利用可能です。現在のLUTおよびルック情報をwowlut形式の一つのファイルに保存します。

メールで送信などを利用して、別の場所で利用する場合に便利な機能です。

Export

他社製ソフトウエアで利用可能なLUT形式で出力します。下記のポップアップメニューが表示されます。

メニュー

内容

Export Current Look (One set of LUTs)

現在のルックのみを出力します。

Export Current Look  as CCC(ASC-CDL only)

現在のルックの中のASC-CDLの情報のみを、CCCファイル形式で出力します。

Export All Looks

ルックリストのすべてのルックをレポート付きで出力します。

Export Selected Looks

ルックリストの中の選択されているルック(数はカッコの中に記載)をレポート付きで出力します。

Export OK labeled Looks

ルックリストの中のOKでランク設定されているルック(数はカッコの中に記載)をレポート付きで出力します。

Show Look Management Dialog

ルック管理ダイアログを表示します。


Export設定画面に関する説明はこちらを参照ください。