Layout Management

Parent Previous Next

レイアウト管理Layout Management

色調整画面はレイアウトをカスタマイズすることができます。


下図の黄色ラインの場所は上下に、赤のラインの場所は左右に動かすことができ、グラフ、静止画、色調整コントロールのそれぞれの大きさのバランスを調整することができます。



1.画面内のレイアウト調整

下図の黄色ラインの場所は上下に、赤のラインの場所は左右に動かすことができ、グラフ、静止画、色調整コントロールのそれぞれの大きさのバランスを調整することができます。



2.フローティングウインドウの利用

グラフ、静止画、色調整コントロールのエリアは、タイトル領域のダブルクリック、またはタイトル領域右端のアイコンをクリックすることで、フローティングウインドウにすることができます。

フローティングウインドウにすると、大きさや場所を自由に変更することができます。



全てフローティングにした画面例




3.レイアウトの保存と呼び出し

現在使用しているレイアウトは自動保存され、再起動時は前回の状態に復帰します。

レイアウト情報は、2種までは保存しておき、必要なタイミングで読み出すことができます。

右下の「Layout」ボタンを押すと、メニュが表示されます。



現在使用しているレイアウトは自動保存され、再起動時は前回の状態に復帰します。

レイアウト情報は、2種までは保存しておき、必要なタイミングで読み出すことができます。

右下の「Layout」ボタンを押すと、メニュが表示されます。



Initialize

初期状態に戻します。

Save to Slot1 / Save to Slot2

現在のレイアウトをSlot1またはSlot2に保存します。

Load from Slot1/ Slot2

Slot1またはSlot2に保存されているレイアウトを読みだして適用します。