WOWLookProは、ご利用になるパソコンごとに、ライセンスを取得する必要があり,ライセンスにより利用可能な機能が異なります。

Freeライセンス

ほぼすべての機能は、Freeライセンスで動作確認を行うことができます。Lut Deviceをお持ちでなくても、起動時パラメーターに数字を入れれば、ダミーのIS-miniを接続した状態をエミュレートします。


 Freeライセンス取得にはメールアドレスの登録が必要です。こちらの手順にしたがい、登録してアクティベーションして下さい。

 Freeライセンスには下記の機能制限がありますのでご注意ください。


1.LUT BOXの同時使用数は1台に限定されている。

2.  LUT BOXのFlash Memoryに書き込むことができない。(電源再投入後までLUTを記憶されることができない)

3.  LOOKの管理数は3つまでに限定されている。

4.  IS-mini以外のLUT BOXは登録後1カ月までしか使用できない。

5. LUTの読み書きは、DaVinci形式に限定されている。Exportは17^3の格子点数に限定されている。

6. LUTのダウンロードはカメラ1機種のみに限定されている。(一度決めたら変更することはできません)

Entryライセンス

 Entryライセンスは小規模な撮影を中心に行うフリーランス、モニターキャリブレーションを中心に利用する方、に最適なライセンスです。

Freeライセンスに対して、


1. LUT BOXの同時使用は2台まで。

2. LUT BOXのFlash Memoryに書き込むことは可能。

3. LOOKの管理数は無制限。

4. IS-mini以外のLUT BOXも制限なく使用可能。

5. LUT読み書きのFormat制限はなし。ただし、Exporは17^3の格子点までに限定されている。

6. LUTのダウンロードは、1年間でカメラ3種に限定。


の違いがあります。


ライセンスの購入は、代理店経由で購入することもできますが、WOWLookProのプログラムからオンラインで購入してすぐに利用開始することもできます。

Standardライセンス

 Standardライセンスは、ポストプロダクションとの連携が必要な撮影現場での使用において最適なライセンスです。

Entryライセンスに対して、


1. LUTBOXの使用台数は5台まで。

2. LUT読み書きは制限なし。Exportは66^3まで可能。

3. LUTのダウンロードに制限なし。


など、利用制限はほとんどありません。


ライセンスの購入は、代理店経由で購入することもできますが、WOWLookProのプログラムからオンラインで購入してすぐに利用開始することもできます。

Corporateライセンス

 Corporateライセンスは、数人以上のユーザーのいるプロダクション、大規模な撮影、本格的なLUT管理が必要なポストプロダクション向けに最適なライセンスです。

1契約で、5台のパソコンで使用可能であり、オプションにより台数を増やすこともできます。また、USBドングルのオプションにより、利用可能なPCを制限せずにライセンスを活用することができます。

放送局や大規模な撮影プロジェクト向けに、多くの台数のLUT BOXの制御を行う機能が利用可能です。標準で20台までのLUTBOXを制御可能であり、オプションにより台数を増やすこともできます。またマルチカメラの設定に特化した、IS-TOWER機能を利用することができます。


Standard Licenseに対して、


1. 5台までのPCをアクティベートすることができます。オプションにより台数を増やすことができます。

2. USBドングルのオプションを選択可能です。利用可能なPCの台数の制約がなくなります。

3. LUTBOXの使用台数は20台まで。オプションにより無制限にすることができます。

4. 数十台の異なるカメラを含むLUTBOXに同時にLOOK制御可能なIS-TOWER機能を利用可能です。