ルックリスト表示領域


この領域は、ルックリストを管理・利用するための領域です。

③に表示されているリストの一つをクリックすることで現在アクティブなデバイスにルックを適用することができます。

その他、ルックリストを日付に紐づけたグループ管理を行ったり、LUTのエクスポート、ルック情報の削除、コピー、ルック情報の確認、静止画を利用したルックの確認や再調整など様々な機能を提供しています。

リストの表示項目は、表示非表示および表示内容の順番、表示の高さ、などををカスタマイズすることができます。



機能

内容

ルックリスト全体

ルックリスト全体に関する表示やメニューの領域です。ルックリストの選択、命名、新規作成などを行えます。

Look適用モード

③のルックをクリックしたときの動作を規定します。

ルックの一覧

現在のルックリストに含まれるルックの一覧を表示しています。新規作成すると、一番下に追加されます。

表示順はドラッグ&ドロップで変更することができます。

ルックの管理

現在アクティブなルックに対するコントロールの領域です。ランクを付けたり、削除、コピーなどが行えます。



Look List全体

ルックリスト全体に関する表示やメニューの領域です。ルックリストの選択、命名、新規作成などを行えます。


Look Listメニュー

ルックリストに関するメニューを表示します。

Look Listの選択

ルックリストを選択するダイアログを表示します。プリセットのルックリストもここから選択します。



Look List名の編集

現在のルックリストの名称を変更するダイアログをポップアップします。


新しいLook Listの作成

新しいルックリストを作成します。


Look 適用モード

ルックをクリックしたときの動作を規定します。

適用する内容の選択

クリック時の動作(画像の右側の領域)は、モードにより異なります。


ルックリスト上部のボタン

動作

1

すべてのボタンが消灯している状態

アクティブなデバイスにルックが適用されます。

ルック情報にアクティブなデバイスと異なるワークフローが含まれている場合は、ダイアログが表示され、ワークフローも適用するか、ルックのみ適用するか選択することができます。選択結果は、ルックリストの上部のボタン表示が更新され3または4の表示になります。

2


キャリブレーションボタンクリックでこの状態に遷移します。

キャリブレーションが含まれるルックのみが表示されます。

ルックをクリックすると、選択したルックのキャリブレーション情報が適用されます。

LMTのモードもキャリブレーションに移行します。

3


アクティブなデバイスに、ルックのみ適用されます。ワークフローが異なっていてもルックのみ適用されます。

ワークフローも適用したい場合は"Look Only"ボタンを押して1の状態に戻してから、再度ルックをクリックして下さい。

4

アクティブなデバイスに、ルックおよびワークフローが適用され、保存時の状態が完全再現されます。

ルックのみ適用したい場合は"apply WF"ボタンを押して1の状態に戻してから、再度ルックをクリックして下さい。


LUT更新方法の選択


一番左のをクリックすることで、LUTの更新方法を選ぶことができます。この設定はルックの選択だけでなく、LMTによるカラコレや、LUTの選択時の動作にも適用されます。

Menu

function

Back to Normal(Real Time)

直ちにLUTが送信されます。デフォルトのモードです。

Batch Send Mode

LUTは作成され画面は更新されますが、デバイスにはLUTは送信されません。

同じ領域に表示されるを押して初めてLUTが送信されます。

Gradual Look Apply

設定した時間をかけて滑らかにLUTを更新することができます。ダイアログが立ち上がり、時間の設定、内容を確認した上で実行することができます。

Silent Mode (No Device)

LUTは作成されますが、デバイスには送信されません。デバイスの状態をそのままにルックリストを管理するときに使用できます。

静止画クリック動作の選択


左から2番目のボタン、をクリックすることで、静止画クリックの動作を選択できます。

Menu

function

Back to Normal Mode

(Show Property)

デフォルトのモードに戻します。デフォルトは、サムネール画像をクリックすると、ルック情報画面が立ち上がります。

Load Image to App

このモードでは、サムネール画像をクリックすると、静止画領域に選択された画像を読み込みます。ルックは適用されません。

同じルックで種々の画像の結果を確認したいときに便利です。

Compare Mode

: View Rendered Image

(IS-miniXのみ有効)

ルックを作成した時の画像を完全再現し、比較を行いたいときに使用します。サムネール画像をクリックすると、IS-miniXに画像が送信され、ルック作成時の状態を再現します。ルックの調整やLUTの読み込みは無効化され、画像の比較のみが可能です。Splitの機能により、Live画像と同時表示して比較することもできます。

Re-Grade Mode

: Enable Color Correction

(IS-miniXのみ有効)

ルックを作成した時の画像を完全再現し、ルックの再調整を行うことができます。再調整したルックは、上書き保存もできますし、新規のルックとして保存することもできます。

Lookの一覧


上記にルック一覧を構成する一つのルックの例を表示しています。それぞれの領域のクリックによる動作は異なります。

右クリックで2のLook Menuと同一のメニューが表示されます。

ルックの表示状態は設定により変化します。


Look Display

Meaning

このルックに含まれるワークフローは、現在のデバイスおよび他のルックと完全に一致しています。言い換えると、すべて同じIDT、レンダリング、グレーディングスペースを使用しています。

右端にIDTの情報が見えています。この状態は、このルックに含まれるワークフローが、現在のデバイスまたは他のルックと異なっていることを意味します。少しだけワークフローに注意を払う必要があります。検討が必要な場合は、ソフトウエアメッセージを発します。

ルックが青で囲まれており、背景が水色のグラデーションになっています。水色のグラデーションは、このルックがアクティブルック(現在のデバイスと紐づいている)であることを意味します。青の囲いは、現在のデバイスのルックが、このルックと完全に一致していることを意味します。言い換えると、現在のルックはこのルックから変更されていない、ということです。

ルックが赤で囲まれており、背景が水色のグラデーションになっています。これは、このルックがアクティブルックであるが、現在のデバイスのルックはこのルックから変更されている、ことを意味します。現在のデバイスのルックを、新規に保存するか、このルックに上書きすることで、再び一致状態にすることができます。


Lookの管理

ルックリストの最下段には、アクティブなルックを管理するショートカットが並んでいます。

Visual Settingsは、ルック表示をカスタマイズするダイアログを立ち上げます。