Look Sync

Parent Previous Next

ルックシンク機能

複数のデバイスを同時に色調整する方法として、グルーピングの機能がありますが、グルーピングでは、すべて同じ条件となってしまい、異なるカメラや異なるディスプレイ設定のデバイスに対しては適用できません。

ルックシンク機能を使用すると、異なるカメラに設定したデバイスや、HDR/SDRなど、異なるディスプレイ条件に設定したデバイスに対して、同時に色調整を行うことができます。

デバイスパネル全体の説明はこちらを参照して下さい。


1. ルックシンク デバイスの選択

ルックシンクを開始するには、Look Syncボタンを押します。Look Sync Aをクリックしてルックシンク状態に移行します。


デバイス表示の左側のスイッチで、ルックを連動させたいデバイスを選択します。


ルックを連動させる別のグループを作成することができます。Look Syncボタンをクリックして、メニューを開き、別のスロット(Look Sync B)を選択して下さい。

Look SyncAには、所属する台数(2)と、deviceの名前(命名していない場合はMacAddress)が表示されています。

Look SyncCは現在空であることがわかります。



Look Sync Bを選択し、連動させたいデバイスにチェックを入れます。


2. シンクモードの色調整

色調整を連動させるためには、下記のように、"LMT for Look Sync"を選択した状態で色調整を行います。この状態だと、1で選択したDeviceのルックが連動し、それぞれ同じルックを反映したLUTを生成して送信します。


3. 連動させない色調整

ルックを連動させない色調整を行うことができます。下記のように"LMT for Independent"を選択した状態で色調整を行うと、現在Activeなデバイスのみに色調整が適用され、他のシンク設定しているデバイスには送られません。

カメラ機種差の吸収や、HDR/SDRの見えの差の調整、など、連動させたくない個別調整に活用できます。