Select Color Space

Parent Previous Next

Color Space設定画面

この画面では、色空間変換モードで使用する場合の入力色空間を設定する画面です。このモードではレンダリングは行われず、選択された色空間の変換およびGUIで操作した色調整のみが行われます。

LUTBOXを接続している場合は、選択の結果のLUTが瞬時に送信され、処理結果をプレビューすることができます。


入力色空間設定領域

入力側で使用する色空間を設定します。カメラLOGなど、カメラ機種依存の色空間も選択することができます。

出力側色空間設定領域

出力側の色空間も設定することができます。ここでの設定は、遷移前の色調整Windowの設定が引き継がれ、Select押下で、色調整Windowにも反映されます。

出力側で、カメラの色空間も選択することができます。特定の機種のカメラを、別のカメラの特性に変換したい場合に大変便利な機能です。

パラメーターの説明

マウスカーソルの位置のパラメーターの説明が表示されます。

マッピングパラメーター

HDRからSDRへのマッピング、Rec2020からRec709のマッピングを選択することができます。Rec709/100nitsを超える範囲の情報が多い場合には、結果を見ながら適切なマッピングを選択することで、より質の高い結果を得ることができます。

システムトーンカーブ

入出力の設定を反映したシステムトーンカーブを表示します。横軸が入力側フルレンジ(0-1023)、縦軸が出力側フルレンジ(0-1023)であり、入出力を一致されると、傾き45度の直線になります。

④のマッピングの結果も反映されます。